読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamsanの携帯電脳日記

モバイル関係のblogです。

iPad miniにクラムシェル型のノートPCになるBluetoothキーボードを買いました

iPad mini

ごぶさたしております

引越しするといいながら絶賛放置していました。ぼちぼち復活していきたいと思います。

 

 

iPad miniにクラムシェル型のノートPCになるBluetoothキーボードを買いました

 他の方のブログを読んで(どこで読んだのかすっかり忘れてしまったのだけれどぐぐったらネタフルさんでした。ありがとうございます。そちらでくわしく説明されているので僕は僕の使用感を紹介します。今ふと、切り抜きジャックさんの記事だったような気もしてきました)興味を持ったのでさっそくamazonで購入。注文した翌日朝に届いてちょっとびびった。

 

f:id:yamadaatmn:20130313143705j:plain

他のBluetoothキーボードとは異なってちょっと見はクラムシェル型のミニノートPCのよう。昔さんざん使った大きさでもある。

 

Bluetoothキーボードなのだけれど、iPad miniの筐体をがっしりと物理的にホールドして、クラムシェル型のノートPCのようなスタイルで利用できるようになります。物理的に抑えるだけなのだけれど、抑える部分に少し厚い布が覆われているので傷などはつきにくい感じ。iPad miniを持っても落ちなさそうだけれど、あまりお薦めはできません、って感じでしょうか。

 

キーボード自体は安っぽいといってもいい変則の英字キーボードです。最初、音引き(ー)の位置がわからずに困ったけれど、一番上の右から2番めのキーでした。左上にはHomeボタンもあります。

 

クラムシェル型とはいっても、開ける角度は1つしかなくて、やや深い角度でしかディスプレイを見ることができません。キーボードは結構安っぽいけれど入力自体は十分許容範囲。割りといい感じだと思います。この手の物理的に小さなキーボードは、しょせん、慣れというか訓練次第ですから。小さなキーボードに1回慣れてしまえば、他の小さなキーボードでもさほど入力に苦労はしません。タッチタイピングも十分に可能なキーボードだと思います。なお、技適認証マークは見つけることができませんでした。日本で使用する場合は電波法違反の可能性があると思います。

 

f:id:yamadaatmn:20130313144033j:plain

充電はmicroUSBケーブルで行う。Bluetoothをオン、オフするスイッチがその左に。

 

f:id:yamadaatmn:20130313143714j:plain

 閉じた状態。一見ノートPCのよう。

 

f:id:yamadaatmn:20130313143728j:plain

 裏側。樹脂製のようだが雰囲気的にはアルミ風。

 

 

f:id:yamadaatmn:20130313143801j:plain

 一見ノートPC風に利用できる。懐かしいサイズだ。

 

f:id:yamadaatmn:20130313143859j:plain

 キーボードはQWERTYキーボードだが記号などは独自の位置にある。入力はしやすい。はっきりいって小さなキーボードはどれだけ練習したか、練習する気になるかでタッチタイピングは決まる。

 

f:id:yamadaatmn:20130313143825j:plain

 キー自体は大きくはないので慣れが必要だ。ある程度練習するか、あるいは小さなキーボードを以前使ったことがあれば割りと簡単に入力できる。

 

f:id:yamadaatmn:20130313143942j:plain

 取り付け部分。挟み込む。布でカバーがなされている。傷の心配は大丈夫そうだ。
 

f:id:yamadaatmn:20130313144211j:plain

 MacBook Air 13インチと。小さなノートPCは血が騒ぐ。どれだけ実用的かと言えば、僕には趣味の領域として楽しむという感じかなあ。もちろん、実用で使える人もいるだろうけれど。