読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamsanの携帯電脳日記

モバイル関係のblogです。

リモートデスクトップはやっぱり画面がでかい方がいいな

リモートデスクトップはやっぱり画面がでかい方がいいな

 

最近、どうも贅沢になってしまってMacBook Air 13インチは日常的に持ち運ぶには重すぎると感じるようになってしまった。なんだかんだで1.5kgしかないのに。以前は、3kgのノートPCを2台とか平気で持ち歩いていたんだけれど。ただ、やっぱり、iPad miniやNexus 7とはできることの快適さが違う場合があるんだよねえ。立って使ったり、すばやく何かをしたいという場合にはタブレットなんだけれど。落ち着いて椅子に座り机があって何かをやろうとすると、やはりノートPCの方がいいじゃないか、ということになる。

 

でも、300gとかに慣れてしまうと、1.5kgは重すぎると感じるようになってしまった。まあ、ノートPCだけじゃなくて他にも持ち運ぶからだろうけれど。iPad初代やiPad 2、第3世代iPad(なんだかんだいいながら、僕もiPadは初日に買っていた口だ)なんかだと結構、リモートデスクトップ的なことが快適だったなという記憶があるので、iPad miniで試してみた。アプリは、LogMeIn。昔はiOS版もシェアウェアだったが、僕の使っている版が有料かどうかはよくわからない。時代の変遷に伴ってフリーでの機能もどんどん増えているからだ。おそらくフリー版と同等だと思う。他にもリモートデスクトップアプリはたくさんあるけれど、以前シェアしたことがあることと、設定がめちゃくちゃ簡単なため、iOS、Android共にこのアプリを使っている。Android版はいまだにシェアウェアだけなようだ。

 

インストールの仕方なんかは、僕もうろ覚えだったのでググってみたらiPhoneを使った楽しい生活を紹介するブログ。さんの色々使ってみた結果“LogMeIn”が一番のリモートやすいようだ。もちろん、iPad miniでは物理的にややディスプレイが小さいのでノートPCなんかを利用するというのは少しつらいかもしれない。Bluetoothキーボードを接続してしまえば、ノートPC的な使い方も可能だ。しかし、iOSには人にとっては致命的な欠陥がある。それはマウスを利用できないことだ。元々のUIからしたら仕方がないことかもしれないが、リモートデスクトップとしてノートPCとかを使っていると、マウスがないと非常に不便って場合がかなりある。iOSではJailbreakすればマウスも利用可能になるそうだけれど、素のままではマウスは利用できないのだ。

 

f:id:yamadaatmn:20130326201813p:plain

 

●LogMeInでアクセスしたところ。複数のコンピュータから選ぶこともできる。

 

f:id:yamadaatmn:20130326201740p:plain

 

●ヒントは慣れてくればいらないだろう。

 

f:id:yamadaatmn:20130326201759p:plain

 

●Macに接続したところ。Macでは解像度制限があるようだ。

 

f:id:yamadaatmn:20130326201855p:plain

 

●ソフトウェアキーボードを使うこともできるが、やはりBluetoothキーボードの方が便利だろう。

 

それなりに快適に使っていて、逆にマウスが利用できない点が結構ストレスに感じられたのでNexus 7を使ってみた。こちらは、Bluetoothキーボードもマウスももちろん利用できるし、なかなか良い感じなのだけれど、ディスプレイが物理的に小さいのがやっぱりわかっていたことだけれどつらい。

 

f:id:yamadaatmn:20130326201916p:plain

 

AndroidでもログインはiOS同様だ。

 

f:id:yamadaatmn:20130326201931p:plain

 

●意外に実用で利用することもできる。

 

とうことで、Xperia Tablet Zだ。結構ハード的にいいなあ、と思っていたのだけれど、何に使うかという必然性があまり感じられなかったのだけれど、リモートデスクトップには最適ではなかろうか。500gとやや重たいが、1.5kgよりは全然いい。快適さは落ちる場合も多いだろうが、必要にあわせて持ち歩けばいいだけのことだ。どうしてもMacBook Airが必要な時だけMacBook Airにすればいいことになる。なんだか言い訳くさいけれど、俄然Xperia Tabret Zを買う気が出てきた、ような気がする。